2014年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.08.09 (Sat)

安倍総理は憲法を触るどころか、広島や長崎に足を踏み入れる資格がない

8月9日。長崎に原爆が落とされて69回目の今日。
広島での安倍総理のコピペ挨拶が話題になっているにも関わらず、安倍総理は今日、長崎でもまたもやコピペを貫いた。
そう。彼はわざとやっているのだ。
コピペで何が悪い?憲法壊して何が悪い?という彼のメッセージが見え隠れする。
長崎、田上市長の平和宣言は集団的自衛権や原発問題にも触れられた。
※長崎市長の平和宣言全文はこちらをクリック
http://www.city.nagasaki.lg.jp/peace/japanese/appeal/


更に被爆者代表の城臺美彌子さんのスピーチは憲法、核兵器、武器輸出、原発再稼働、福島での被災者の問題にも及び、目の前にいる安倍総理へ私たちの思いを全て突きつけるような素晴らしいものだった。まるで官邸前での抗議のような怒りがこもっていた。
私は娘とこのスピーチを「そうだ!」と声をあげながら、泣きながら聞いた。
これこそ国民の声であり、魂が込められた生きた人間の言葉だ。
※「平和への誓い」を読み上げる被爆者代表の城臺美彌子さんのスピーチ全文はこちらをクリック
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014080990135521.html



「被爆者はサバイバーとして、残された時間を命がけで、語り継ごうとしています。小学一年生も保育園生も私たちの言葉をじっと聴いてくれます。この子どもたちを戦場に送ったり、戦禍に巻き込ませてはならないという、思いいっぱいで語っています。」なのにあなたはその思いに耳を傾けようともしない・・・・と言っているように私には聞こえた。

安倍総理は居眠りでもしていたのか、お腹でも痛いのか、居心地悪そうに目を閉じているだけだった。
そして、判で押したようなお決まりのコピペ挨拶。憲法については一言も触れなかった。
ここまで国民を馬鹿にし、舐めきった総理を許しておいていいのか。
気持ちがないなら、いっそのこと式典を欠席してくれた方がましだ。
安倍総理は憲法を触るどころか、広島や長崎に足を踏み入れる資格がない総理なのだ。

口先だけの平和なんていらない。
どんな大義名分があろうとも戦争はダメだ。武器もいらない。核兵器を生み出す原発もダメだ。
このままではダメなんだ。

安倍総理は集団的自衛権の閣議決定を白紙撤回し、今すぐ辞任するべきだ。

この夏、広島、長崎から安倍総理は国民へ挑戦状を突きつけてきたように思う。

憲法を、命を守り抜かなければ!
みんなの声と力で!
たくさんの人の力が集まれば必ず出来るから。

Microsoft Word - 安倍総理私達の声が聞こえてますか?A3サイズ

Buj-lkcCQAIUgOT.jpg



スポンサーサイト
15:42  |  未分類  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。